[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


  • 7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


  • 8月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


定休日:日・祝祭日

ホームチズルママの日記
チズルママの日記
チズルママの日記:230
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 12 次のページ»
2014年09月19日
興味ある通り!!

都会のど真ん中の裏通りを、ふっと探索して見ると、
何十件と引き締め合っている長屋の飲食街、

一件、一件、それぞれ個性があり、どんなお店なのか、
表にはメニューがない。
入るのに勇気がいる。 選ぶのは本人、選ばれるのはカウンターの中の人、
挨拶もなく、黙って入る人には、はっきりお断り.........なぜ?社会での常識
「初めてですが~予約の電話は入れていません~とか』言葉は、なによりも重みがある。
叱られて店に入る!少し不満....?だが、時間が解決してくれる。
何が良くって何が悪いか、判断は難しいが、人と人の関る世の中
間違った事は勇気をもち、相手に伝える事、一番の人間交流が出来る長屋のドア!

Someone interested in our street named "Nonbei-Yokocho".
It located the center of Shibuya but seems hideaway place.
If you stray into back street of heart of the city, you can see so many restaurants in Japanese style single Story row houses.
Probably you can't stop your curiosity.
Each restaurants have interesting characterized looking.
Besides there have no menus on the street.
You must use your the six sense.
The owners have chosen by you, of course includes me.
I like friendly and polite person.
Why?
The greeting is very important all over the world.
If you wouldn't say hallo, I'll point out about it.
Sometimes customer feels uncomfortable but it's no problem.
It's solve by time and good drinks and foods.
I believe that we had good relationship among all people even if someone had cared about other's opinion.
It is difficult to decide good or not good, but please try to tell your feel honestly.
I think this row houses's door could open your door.
2014年09月04日
*土曜日:横丁街を2集周り、目に止まったお店、食べ物が沢山陳列してある?
ココに決~めた
:初めまして、//神奈川県藤沢市の夫婦
夫婦揃ってたばこと、沢山の食べ物を注文、1本の芋焼酒、それもロックで~
身内との意見の違いが、ストレスとなり凄いテンポで会話をしている。
  
*京都の芸術夫妻、タバコは吸わない、日本酒を飲みながらおっとり京都弁で女将と会話
(この違い....? 面白いね 年代も30代後半)

*勤務先=渋谷 自宅は埼玉県の久喜市...通勤電車1時間30分?
昨晩、夜中2時前迄 ”えのき” で飲む!
ホテルに泊まれば良いもの、タクシー代2万円位かかるが、自宅に帰りたいと”M氏”
忘れ物と昨晩遅くまで迷惑をかけたお礼に...ふたたびお店に、大好きな日本酒をゴックリ
 
*2ヶ月に1度、札幌から、講演の為東京へ上京”お腹空いた~何か食べ物を”ちょうだい
赤ワインを美味しそうに飲み、京都の夫妻とM氏とで話がはずむ!
(二人の男性......中々の色男~ょ)
  
そこに藤沢の夫婦、周りを見た、タバコの手が止まる?皆さん吸っていない、
早口の会話もこれ以上意味なしと止まり、周りの皆さんとの話題の中へ....
良い顔になり......良かった!



One Saturday

・The cigarette smoker young couple came from Fujisawa city,
Kanagawa chose my Izakaya ‘Enoki’ from Nonbei-Yokocho while they walked around.
 They ordered a lot of foods and a bottle of Shochu with the ice.
Then they talked in amazing speed unconsciously
by argued about difference of opinion of each other.
 
・The non-smoker young couple from Kyoto.
They enjoyed drinking Sake and talking.
Their Kyoto dialect sounds very soft. 
 
・The non-smoker man came again from Kuki-city, Saitama
but his office in Shibuya. (His commute takes an hour and a half by train!)
He drank until 2am at Enoki on last Friday.
Of course he missed last train but he wanted to go back home
even if taxi fee costs over 20,000Yen.
I recommended to stay near hotel, but he went back.
He felt sorry to me, so he came here and enjoyed Sake again.
 
・The non-smoker man came from Sapporo city, Hokkaido.
He comes by business trip once 2 months. 
He enjoyed drinking red wine and chatting with non smokers.
  
I was seeing the difference of customers.
 
The smoker couple from Fujisawa picked up on other’s feelings,
They had stopped smoking and quarrel.
Then they joined talking with them.
Gradually they smiled each other.


I was relieved to see smile faces!
2014年08月04日
20歳未満の女子学生一人で初来店!
常連客のS氏『あれ!君、僕の娘と年齢近いね、仲間達と飲まないの.』.....と聞いた所
”ゼミ仲間、サークル仲間と多少なりお付き合はするが、一人で飲みに行くのが好きです”

S氏:ふうん~ 所で、君?名前なんて云うの......
私の名前: 解りにくいかも??
ヒント:: 二文字県の名前の裏で呼びます。
  
例えば滋賀県(がし?)違う、佐賀県(がさ)違う
千葉県(ばち)違う、岐阜県(ふぎ)違う、”三重県(えみ)違う”
*『この間S氏のダジャレが多く』答えになっていない
    
分かった!!奈良県(らな)でしょう~~ ”当たり”!! 私 ”らな”と申します。
  
ユニークな名前の付け方、だけど、当てるのに30分も掛かり、おじさん~疲れた!!
”らな”ちゃん~ ビール一杯ごちそうするよ



One day, a undergraduate girl came my place without friends.
My bar goer Mr,S curious about her because his daughter is same generation.
Apparently she likes drinking alone.
They enjoyed casual talk.

While he guessed her name, she said it's difficult to guess, the clue is opposite sound 2 letters of prefecture name.

He was thinking Ga-sa(Saga prefecture) no, Hu-gi(Gihu prefecture) no, Ba-chi(Chiba prefecture) no, E-MI(Mie prefecture) ... his hunch wasn't correct
Finally he got the name of her, Ra-na(Nara prefecture), She is Rana-chan!

Rana is very unique name in Japan.
He looked tired to think with drunken head by took to reach an answer over 30mins.

He said "Anyway please let us drink beer, I'll treat to Rana-chan"
Thanks for your order!
2014年07月20日
20年前全く異なる3名の男性”えのき”では 「3バカトリオ』と名付けたナイス男達!!
先月一番長生きするであろうと皆が思っていた、
1番のやんちゃな男性が亡くなった。
68歳
25年前、日本のバブル時期、仕事関係の人と共にお店に来店されてからのお客様
当時お店には1.2度程度、仕事も上々だった成果、殆ど六本木通い??
海外の女性達との交流もあり、お花見には5.6人の女達を連れての宴会”目立つ”
右のズボンの中に手を入れ、『夢芝居』を気持ち良く歌い、もう1曲歌って~と
女性達からリクエストがあると『幸せ求めて』の、要望に応じて歌う
女性からのファンが圧倒的多い.......が、だまされる事も多く感じた。
この10年前から年輪と共に、えのきのお店に来店する回数が多くなり、かなり疲れが?
最後まで誰にも病気の事など云わず、幕を閉じる。
謹んでご冥福申し上げます。



I’ve named “3 idiots” for naughty 3 guys over 20years ago.
The most naughtiest man had passed away suddenly who would be think to live long by everybody.
I met him about 25~30 years ago when the economic bubble boom in Japan.
Almost Japanese was succeeded the business. He wasn't an exception either.
He came Enoki a few times in a week after night out in Roppongi.
Sometimes he took foreign women. His group was striking to every customer.
He always put his hands in the right pocket while enjoyed Karaoke.
His favorite song is “YUME-SHIBAI”, he sung first of all, Then girls requested one another song “SHIAWASE-WO-MOTOMETE”.
I really like to heard these songs.
Of course sometimes he had deceived by some girls, but he never stop night out.
He was 68 years old.
Nobody knows about his serious sickness.
Cheers my friend. You are really strong person.
Rest in peace.
2014年07月03日
カウンターの前には、色とりどりの旬の食材がならんでいる。
日本人の食は本来、消費者と生産者が顔の見える関係からであったのが、
崩れ、長い歴史の中で育まれた食文化の知恵まで失いつつと警鐘

今こそ本来の食文化を復活させたいと、最近食への消費者意識が高まりつつ
もっと農業を大切に社会全体の最重要分野と位置づけ!一人一人が意識を感じている
農業を大切にしない社会は生命を祖末にしかねない,,,,,とも云われている。



I was thinking about wake-up call warning to culture of diet inJapan while watching ingredients on counter table

Japanese producers and consumers used to have the relationship by face-to-face.
While we our cultures is gradually convenience, we lost knowledge of conserve.

Now is the time for action to get back our culture.
Agriculture is most important thing to our country.
Some Japanese realized that originally we are agricultural people
If we deprecate agriculture, the life would be poor.
2014年06月05日
今月開催する、ワールドカップ 日本代表の1リーグの試合を観戦に行く人々が何と500人以上とか?
今話題は日本が一次リーグ突破するか、しないか??でなく...
日本が決勝トーナメントに進出すると予想した人は50%以上と、期待が大きい!!
 
まず1次リーグ突破の予想から?
我がお店のお客様の投票率
*日本代表1リーグ突破する,,,,,圧勝です。
がんばれ日本

Almost Japanese will watch national football game to root for team Japan.
I suprised over 500 fans will go Brazil to cheer!

World cup is one of hottest topic nowadays.
Most of my customer bet Japan advanced to FIFA World Cup knockout stage.
They hold high expectations for Japan!

Cheer up Japan!
2014年05月15日
ある日、店頭に売れ筋商品が、前後の棚に置いてあった。
その商品は、なかなか手に入らないと思い直感(一人限点)購入
もう1本欲しいが、買えない
30分後、他の用事で、通り掛かった所、前後の棚にはまだ数はあった。

そんな話を偶然営業で来ていた20代の男性?氏が、
僕買ってきます.....と、出かけて行った。その場所に行く時間10分
所が1時間待っても応答なし?
気になるため、留守番電話に、”電話をしてほしい”と、10分後掛かって来た。
?氏=店頭に行ったもの、品切れで無く、その後知り合いの人に会った為、
連絡をしなかったと返答!!

One day, I found popular products offered one per each customers.
I want to buy another one if store hadn't limitation...I was working whilst thinking of it.
At that time young salesman who came my place to business had offered buying it instead of me! That would be great!! I begged.
But he didn't come back over an hour...
The store is very close....why haven't he come back?
He wasn't there when I called. I was afraid for his safety gradually.
10 minutes later, he called me back carefree.
When he arrived limited goods had sold out.
It's OK. That's life.
If I were him, I'd report it at store but he didn't come back to meet somebody after shopping.
It's no wonder I'd worried! He could call me easily!
Is he typical young businessman? I surprise his response.
2014年05月01日
『釜石呑ん兵衛横丁と渋谷のんべい横丁』との 姉妹交流
4年目の復興支援.....今回5店舗の店主と、お客様含めて10名で出発
新幹線で新花巻駅に下車....JR釜石線に乗り換えると、宮沢賢治の童話
『銀河鉄道の夜』をモチーフしたSL列車が、運行開始(JRが復興支援として観光の後押し)
 
桜が満開の民話の里、遠野駅を通過し、列車は急上昇しながら何十ヶ所のトンネルを、
通り抜き、険し山の峠を越えて釜石市へ
早速、街に出て津波襲来の跡地を見て回り、横丁の皆様とも挨拶、風も無くあちらこちらと桜が咲き、
お花見も盛んのようだ。
昨年よりも建物も増え復興が進んでいる。
皆様の笑顔も前向きで『亡くなった方々の分迄、皆頑張りますよ~』との、強いメッセージ!!


I went to Kamaishi-City in Iwate Prefecture with other owners and some customers.
Our "Shibuya Nonbei Yokocho" and "Kamaishi Nonbei Yokocho" have sister Yokochos reration. We've been there 4th times since 2011... Kamaishi had hit tsunami when we had the Great East Japan Earthquake. We're keeping touch them to the earthquakes reconstruction support.

That time we caught a steam locomotive to go Kamaishi station that design inspiration from Kenji Miyazawa's world(he is well-known Japanese author was born in Iwate) . It is one of support for back to normal by JR.

We ware passing through many tunnels and awsome cherry blossoms again and again, over the mountains, then we arrived.

Companies from sister yokochos took us traces of tsunami attack, there was new building and blooming flowers, I felt there is surely getting better than last year!

We had great time to see them with cherry blossoms.
All of Kamaishi people is earthquake survivors as we knew, they never forget tsunami but they were smiling with positive words under the tree, that's why SAKURA =cherry blossoms is one of natinal flower in Japan.
2014年04月16日
アメリカから(A氏)2年ぶりの来店!今回両親と兄を連れての再会
仕事は4代続いている、運送業、他? 
お父さんは息子達に引き継ぎ、今は一日置きゴルフ場へ......
『4代目の息子(A氏)xxx心配かけた子供だったが、今は仕事を引き継ぎ、
シンガポールに拠点をおいて、家業営んでくれている』と
満足した両親のコメント
結婚50年目を迎える御夫妻、8名の席に満席の人々と共に
日本酒で『おめでとうございます~~』
両親!大好きな日本、最高の笑顔で『お元気で又お会いしましょう』と帰国の土へ
2014年04月01日
A氏...3年前『ママ~僕の息子?...馬鹿息子だけどxxx大学 に入学したんだ~』
100%の笑みを浮かべ嬉しい~ばかりのお父さんの顔、顔
上京した際、回数は少ないが、何度か息子と来店
ちょっと飲み過ぎだが、お父さんの満足感~?
息子も今や就活活動だと!
決まったかな?

K君.....
ようやく父親を連れて来る事が出来ました。僕のお父さんです。
就職も決まり、”初めて外で親子と飲む機会”に....
お父さん、緊張気味、でも顔は息子と飲める事がうれしい~
ママさん~飲んで下さい
息子の祝いの乾杯お願いします....おめでとう~~
2014年03月17日
地方の友人、2泊3日東京の観光案内をして欲しいと云われた。
テレビの画面に出る、コースを計画して見た。
1日目、青山、表参道の周辺を見て周り!
夕方東京駅発、”はとバス”で食事付きの下町めぐり
2日目、ゆりかごめに乗り、台場へ...東京湾を見渡すと、高層ビルの色がグレー、
部分部分には、ブルーの色の壁、空と海とも連合している。
水上バス「ホタルナ』に乗り、浅草行き迄 約50分
東京湾岸を見ながら、隅田川へ入って行く
両脇の緑道は、奇麗に整備され、川水にはゴミなど無い、
東京の名称スカイツリーをみながら浅草到着.....
旅行者の多い浅草を半周りし、銀座に行き、老舗百貨店を巡り、歌舞伎座へも巡る
そろそろお腹も透く時間、築地は近い、なじみの江戸前寿司屋へ....食べる食べる
しっかり満喫し渋谷へ戻る。
最後は歌と踊りの2時間のカラオケ、お疲れ様~~、十分な観光めぐりではないだろうか?
2014年02月18日
アメリカワシントンDCに住んでいる、友人が、2.3年前
仲間と友に、ラーメン店を開店、日本人と同様、昼のランチから、
仕事帰り、ほどほどのお酒を飲み、最後にラーメンを食べて自宅へ帰る。
毎日食べても飽きないラーメン(来日のお客様からのコメント)人気上々
 
又、世界のお客様へのおみやげ『虎やのようかん』と『緑茶』15年前から、プレゼント
大変に喜ばれる。
保存食としても安心、グレードが高い!
2014年01月15日
海外の人々が日本に入国し、初めて足を運ぶ場所、それは”トイレ”実に驚く^~^へェ~~
便器が温かく、ペーパーがいらない,,,,,,,??
最近若者の男性のトイレの使用が変わりつつ!多分自宅でのトイレの使い方が原因かも?

横丁のトイレ、御婦人用には各店、使用の際 ”カギが必要”(和)(洋)
和のトイレには、今だ,水を流す際、タンクに溜まっている水を、
使用後..ひっぱって水を流す仕組み、まさに骨董品である。
男性用の便器は昔と変わらないが、家庭のトイレと同じ感覚で
男性が、御婦人用のトイレに
『ノック』もせず、ドアを開けようとガチャガチヤしながら、”ボ~ット”立っている。
大、小?と、訪ねると、小....だと答える。どうも座っておしっこがしたい..らしい

僕ちゃん 男の子は立って小便するのが、良いのよ.....男性用.開いています??
2014年01月06日
女性が二人集まると、周りの人など気にもせず、おしやべりが始まる。
  特に食事の場所,,,,向き合い、メニューを注文したと、同時に口が動き
  食べながら、永遠と会話の切れ目がない。
  だが?男、女が向き合い、会話が聞こえない,,,?振り向くと、男性がiphoneを動かし
  その動きを一人の女性が見て、ボソボソ、と話をしている事多い.....?
  
  小さなカウンター座って小人数の寄り合い、時には”場”が読めず一人愉快に
  おしべりをして、叱咤激励を受ける人もいる?

  おしやべりは脳を活性化をし、認知機能の強化や効果を生み、老化を防ぐ
  働きをしているとの事..........
  今年も多いにカウンターで、目と目を交わし”場”を読みながら楽しいおしゃべりをして、
  笑顔いっぱい、前向きに今年も、健康な年を送りましょう。
2013年12月16日
日本料理が世界無形文化遺産が..10/31..登録された。
海外からのお客様へのおもてなしも、”ぐ~ん”を、抜いてすばらしい
だが.....、残念な事に内部の告発から、メニューの偽装問題が発覚。
そんな中、久しぶり、ご来店された御夫妻が、伊勢エビを食べに伊豆へ....
1泊旅行に出かけた所
いつもなら豊富にある伊勢エビが、今回は無いと店の店主から言われた。
なぜ??伊勢エビを使ってのメニューに実はロブスターを使っていた為に
慌てて伊勢エビの、購買の注文が殺到し、
宿泊のお客様には口に入らない状況になったと話を聞いた。

それは過去にグルメブームが日本全国で、もてはやされ全てがブランドで評価された
時代に、左右された事も原因かもしれない。
今回の日本料理の登録も四季のある日本と、海に囲まれての列島国
遠い昔から食されてきた本来の日本食が、見直される良い機会になれば良いと思う。
2013年11月16日
今年話題の言葉 ”お.も.て.な.し”
最近、日本酒が、食と同様、世界的有名になりつつ、各県の酒造会社も
海外への売り込みの大イベントに力を入れている。
20数年前、アメリカから一人の男性(W氏)が、日本の大地へ、その後仲間をとおし
えのきの常連客に........
週一、仲間が集まりやすい場所で、情報パーティが盛んに!飲み物はもちろん、
ビール、ワイン、その他、停滞していた日本酒の味も知る。
その後(W氏)は、日本酒に興味をもち、県内の酒蔵を調べている内、
海外へのアピールの、情報がほとんどない事に気付き
日本全国足を運び、お酒の奥深さへの勉強、酒造元での体験を通し、雑誌の発刊につなぐ......
今日、海外での大イベントには必ずW氏の姿が.......

国内に存続していると、目の前の物への宝物に気付いていない事に、チャンスを逃がしている?
2013年11月01日
70歳以上の元気な紳士達、秘訣?
現役時代、仕事はもちろんだが、良く遊び
良く飲み、多くの趣味をもっての今がある......と。耳にする。

よ~ぉママ元気かい??
俺よ~今日は昼間から飲んでよ、電車に乗ったもの,目が覚めたら、渋谷?
おっと?渋谷に来た以上、良い女に会わなくっては....(笑)
所で、俺病気かも??昨夜も朝方まで飲んで、陽気に演歌を歌いながら自宅に戻ったら
女房が、『あなた!大きな声で歌など ”ダメダメ” 近所に迷惑をかけるので、
飲むのであれば、昼間に帰って来て欲しい』と、云われたよ。
こんな人間だけど、お母ちゃん好きだし、家の手伝いは良くやっているよ....
現在81歳まだまだ、現役.......

*お客様から一言メッセージ
  家内が元気であるから、こちら(店)にも、伺える元です。
  これからも宜敷くお願いします。70歳 M氏
2013年10月16日
あらゆる魅力をもって、日本人(女性)が一番行きたい国フランス、
多くの人々が、美味しい食事とワインを飲み、自国に帰りおみやげの言葉は、
飲み物と食べ物のへのこだわり1!
日本の雑誌は常にフランス料理、と銘柄ワインが主力

高度成長後、日本にも多くの外国が住み、今迄味合った事がない日本の食材に触れ
低迷していた日本酒にも興味をもつたアメリカ人が、地酒の蔵元に1件1件時間をかけて足を運び、
神秘的な日本酒の味を、料理と共に、雑誌など、海外へのアピールが大成功し!
古今日本の食材と日本酒が大ブームとなって活躍されている。
そこで改めて日本酒の味の勉強と思い、4日前、生まれ故郷の山口県が開催した酒蔵と美食の会へ参加
山口県独自の酒米の味見?皆さんものすごく努力されていて
かなり有名になっている酒蔵もあり、多くの蔵元のアピール........応援します。
2013年10月01日
今年に入って多くの外国人の旅行者が増えて来た。
とても良い事である。嬉しいね??
所で、先月(9月)東京でのオリンピックが開催される瞬間をテレビで見て、
万歳~と(一人)手を上げていた!
安心安全な国、日本と云われているが、こんな時程、油断大敵である。
携帯に夢中?バックの中身が見えても気にもならない?
男性の後ろポケットには財布が丸見え、海外の人々から見たら、『取って下さいと云わんばかり』?
何と平和な国なのか!
海外での事故が多いのは、祖国と同じ感覚で、行動をしてると見える。

少なくとも危機感を感じている時は、皆も真剣勝負......が、
勢いが増している時程、小さな事故を見逃してはいけない。常に『要注意』を、したいもの
絶対に事故を起こさないように注意を払い抜いていきたい。
2013年09月17日
48年間お店を営んでいる81歳の女将さん、50年間風邪を一度も引いた事が無い?
秘訣は?と、問うてみた所、どんなに酔っぱらって自宅に帰っても、しっかり手を洗い
お湯の中に塩を入れ、”うがい” を忘れた事が無いと答えが返って来た。......おそれいいります。

最近マーケットに行くと、若い女性が料理の本を見ながら、一つ一つ材料を買っている姿を見る。
初めはそれでも良し!!料理の作る楽しさを知り、栄養バランスが分かると、自身の体の中で、
何か補給が、不足していると感じる。
幼少から基礎ある食事をとっている人は、大人になっても、健康な体で長生きが出来る。
それの体験をしている人とは、80代以上の高齢者の方々が見本をしめして下さっている。
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 12 次のページ»