[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


  • 11月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


  • 12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


定休日:日・祝祭日

ホームラテンジャズで、えのきの空気を聴く。
a point of view

ヴォーカリスト兼ピアニスト、ボビー・コールが64年に地元NYのインディペンデント・レーベル”Concentric”に残した唯一作にして永遠のクラブ・ジャズ・マスターピース!
*P-VINE参照

LATIN FEVER

“ミスター・ボンゴ”ことジャック・コスタンソの58年の代表作が蘇る。ベテラン・ジャズ・マン、、エディ・カーノ(ピアノ)、トニー・レイェス(ベース)、エディ・アパラシオまたはレイ・リベラ(ドラムス)と息の合ったラテン・ジャズが繰りひろげられる。ボーナス・トラック6曲も必殺のアイテムとなっている
*diskunion参照

melody gardot

ノラ・ジョーンズ、マデリン・ペルーと並び2000年以降の米国女性シンガー三傑の一人であるメロディ・ガルドー。
本作は2015年の「カレンシー・オブ・マン」以来、実に5年振りとなる待望のニュー・アルバムです。 自身のオリジナルに加えジャズ・スタンダードのカバーも織り交ぜた、彼女の現在とルーツを存分に楽しめる内容となっています。