[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


  • 5月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


  • 6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


定休日:日・祝祭日

営業時間 本店 17:00~23:00 / Ⅱ号店 17:30~23:00

えのきでは、クレジットカード決済が可能となりました。※本店での決済になります。

えのき本店2階の予約(7名様まで)を電話にて受け付けております。是非、ご予約お待ちしております。
えのき本店:03-3407-5320




旬の食材を使用した料理を用意しております。
*仕入状況で、料理は日替りとなります。


コロナに負けずに飲んでいる壮年組

■えのきチャンネルです!皆様、ご覧下さい☆閲覧はこちら!

在宅、テレワークの方も多いと思いますが、
ストレスも溜まると思いますので、息抜きにえのきにご来店下さい。
皆様のご来店を心からお待ちしております。

えのきオリジナル

  • ヤマイモステーキ
  • レンコンチーズ焼き

<こだわりの3品レシピ!!>
約34年間、大人気のえのきオリジナルの”ヤマイモステーキ””レンコンチーズ焼”!
えのき本店・Ⅱ号店でご賞味下さい!

えのきお客様と店内風景


6~8人までok!お電話にてのご予約をお待ちしております。

チズルママの日記

フランスが発祥の地であるクレープ、流行のさきがけとして、日本で販売開始をしたのは1976年、東京、渋谷公園通りのとある駐車場の一角! この日本の生みの親である「マリオン」の代表取締役社長 岸 伊和男氏

秋田県との県境に3人姉弟の真ん中の長男として、生まれ、山形の田舎では成績が一番
父親は地方政治の仕事をしていた事もあり「東京に出て、役人になれ」と、小学校6年生で山形を出、東京都、麻布中学~高校へ、下宿は渋谷1人暮らし 関東の言葉も慣れ、仲間との交流がひろがることで、成績が下がる。大学は1度目、2度目とも、慶應大学は受かっていたが、東大を目指すが2度も失敗、断念した事で、役人の世界は遠い存在へ!
卒業後出版社や新聞社をうけるが、採用されず、ある有名な作家さんからの勧めで「フランス」へ渡ることに、1968年23歳の時フランスの貨物船...乗客12名、岸氏以外は全員フランス人横浜港から、7ケ月の船旅
言葉がわからないが、全員可愛がってくれるし、食事は超豪華、12時になると船長がきて皆んなの前でお話をしくれ、わからなかった言葉も、向こうに着く頃は喋るようになった。

フランスでの生活は、協同新聞社や日本料理店でのアルバイトの仕事、フランス語が出来たせいか通訳の仕事で、重宝してもらっていた。
その間、高級料理店では、朝、昼、晩と高級料理を堪能する事が出来た。
又、世界の最新ニュースや要人達との出会いも、多く、悪くない暮らしだったが、いざ振り返ると、何かを修得したわけだも無く、結局「7年間 フランスにいただけ」と言われても、返す言葉がなかった。
1975年29歳日本に帰国! まずは、フランスの字幕のつくる仕事から、バスツァーの通訳をしたが、慣れない仕事もあって断念、改めて「以前フランス行きを勧めてくれた方に、相談に行く」
君は、フランスにいって、将来につながる何かをしてきたかと言われ…思いつかない
でも何かを言わねば…とっさに思いついたのが焼き栗とクレープだった。
"フランスでは焼き栗とクレープが秋の到来を告げるという"
相談を持ちかけた作家は「それをやりなさい」と明言した。
しかもマキシム出身の料理人迄紹介して、29歳、料理人と一緒に2週間、渡仏
クレープの発祥地である、パリ北部の街ブルターニュへ、しかも料理人の出身地でもある。
すべてを飲み込んで、帰国
1号店渋谷の公園通り駐車場2台分のスペース、クレープショプオープン
300万円の投資が1ケ月で回収できるほど儲かった。
当時の日本はパリに憧れ抱いていた時もあり、以前共同通信社の時の知り合いがいたこともありマスコミが取り上げてくれたし、有名なメディアが「パリ雰囲気が来た」と絶賛してくれた。
初年度3店舗、翌年軽井沢にいきなり13店舗、真似をする店が次々と生まれた。
"私も他の店のいいところは探り入れた"そんな中アイスクリームのショツプを参考に発案、クレープアイスを巻いたりしたが、便乗しただけの店はすぐに撤退する事になる。
むろん、岸氏のクレープ店は今でも人気を博している。
現在、FC合わせて100店舗を展開している。1号店、出店から40年が経過している。
これからも挑戦される岸氏!、
「自分を強く育て、東京へと送り出してくれた父への恩返し」

"部下共にご来店されるが、日本酒、ウイスキー、ワインを堪能されるが、強い
そのままの姿の紳士です 。 (o^^o)"チズル


☆えのき提供のワインと
世界のお勧めワインを紹介中!
詳細はこちら!

>> How to enjoy ENOKI, the Japanese style "Drunkars Alley".


えのき日替わりメニュー
日替わりメニューはサラダ・煮物・魚料理等「和洋中」準備しております。
日替わりメニューの食材はこちら


  • ロールキャベツ
  • アスパラと筍の豚肉巻き
  • 淡路島産の生玉ねぎと海老しんじょのあんかけ
  • わかさぎの南蛮漬け
  • アスパラとチーズの春巻き揚げ
  • 海老と野菜の南蛮漬け
  • クジラステーキ
  • 牛スジ・筍・椎茸・フキの料理
  • こいものあんかけ
  • イワシのコロッケ
  • 牛すじと栗とこんにゃくの煮込み
  • ベーコンとほうれん草炒め
  • きんぴらごぼう
  • 唐揚げ
  • アスパラとチーズの春巻き


チズルママの日記
人材とは….信頼 | ”Human Resources is Trust"
保険代理店「BSLインシュアランス』の代表取締役田中氏

東京生まれ、東大卒業後、1974年興銀入社後バブル破滅
その後、生保日本現法(スェーデン生命)の立ち上げのため転職
2002年友人と投資会社を始めると同時に、投資会社の子会社として
25歳年下の若者と保険代理店BSLを創業
創業後、投資先の保険を獲得する事で、大手損保会社数社が、
共同出資してくれる….異色の代理店に!!
最初の3年間は投資先を中心に保険を取り扱いつつも、出資を食いつぶしていたが、
その後、徐々に増収増益となった。
そのキッカケとは….人材

1..マーケットの対象を法人向けに絞り損保会社の法人営業担当者を経験している人材を、取扱保険会社から『三顧の礼』をもって雇えた事!
彼らも自分の会社の商品しか取り扱えない不満があり顧客へは、ベストの商品を、提供したいとの強い志を持っていたことから、保険会社も、やむをえなく転職を認める。
又、雇うにお願いしてから準備を含め、定例異動時まで1年待った人材もいる。
その後、彼らが来てくれたお陰で、彼らが保険会社時代、大企業向けにアレンジした商品設計を中堅企業向けにも提供した事で信頼を得た。
保険が万が一の時に、スムーズに保険金を支払いすることが大事である。
代理店には支払い権限はない、もともと保険会社にいた人材ゆえに顧客に貢献できたのも、信頼を得るのに役立ったと思う。
保険金を払うのは保険会社、保険は信用力、代理店は顧客からの信頼が大事

2...まず損保会社出身の営業マンに種類株(議決権はないが分発権はある)付与した事。
彼らが会社を大きくすれば会社の価値も上がり、彼らの分発権も増えるというインセンティブ。
価格的なのは、2017年投資会社から独立させた際に、彼らを取締役にし、かつ株式を平等に分割した事にある。
真の意味での『EBO=社員がオーナーになる(Emloyees become the Owner)であり、親会社など、旧役員にGoldenパラシュートを与えたわけではない。
それは、彼らがこの会社を大きく育てたわけであるので当然の理である。
会社は誰のもの? と云う問いに答えるには…21世紀のあるべき会社だと自負している。

3…最後に人材育成
会社と社員との相互『認識の共有』と『信頼の醸成』に尽きる。
まず、積極性、論理感など情意能力5項目と、商品知識、説得力など業務遂行力5項目についての評価シートを手段として使う。
まず、(日)自己評価、貢献したこと、会社の改善すべき点などを発言してもらい、マネジメントは聴く場を設ける。
((月)役員会で評価、(火)貢献した事項、改善事項につき具体的にFeed Backする。
上記評価を、毎年評価(10月、3月)決算期、3月には今期の賞与と来期の報酬を通達これを長年繰り返すうちに会社と社員の期待のギャップが埋まり、信頼が醸成される。
会社は『謙虚』でなければならない。
この3つのポイントは、どんな会社にも共通する経営にとって一番大切なことだと思う。

**田中さんと仕事と人材のお話をした中で、経営に対する情熱
  尊敬の一念に感じられ….一筆お願いしました。



These are the words of Mr. Tanaka, Representative Director of BSL Insurance, a health agency.
He was born in Tokyo, graduated from the Tokyo University, and joined the former Industrial Bank of Japan in 1974.
After changing jobs several times, he started an investment company with a friend in 2002, and at the same time, he founded the insurance agency "BSL Insurance" as a subsidiary of the investment company with a young man 25 years younger than him.
After the founding of the company, they became a unique agency in the insurance industry, co-financed by several major insurance companies, by acquiring insurance for our investment portfolio!

They had difficulty turning a profit for the first three years, but gradually increased revenue and profit.
The reason for the increase in revenue; ... Mr,Tanaka said it was the talent of the people working there.


1, Securing human resources
By narrowing the market focus to corporate customers, he was able to amicably hire people headhunting with experience as corporate sales representatives at major insurance companies.
They had a strong desire to offer the best products to their clients because they were dissatisfied with only their own company's products.
They were also dissatisfied with the fact that they could only deal with their own company's products.
After we asked them to join us, some of them waited for a year before making the move, including preparation.
After that, thanks to their cooperation, we were able to gain the trust of all parties by arranging and offering products for major companies as well as for medium-sized companies.
Insurance is all about smooth payment of claims in the event of an emergency.
Since insurance agents do not have the authority to make payments, I think the fact that I was able to contribute to customers because of my background at an insurance company was also helpful in gaining their trust.
Since it is the insurance company that pays the insurance claims, it is important for the agents to have the trust of their clients.


2, Incentives
The company gave class shares (no voting rights, but they have the right to issue shares) to salespeople who came from non-life insurance companies.
It is an incentive system that if they grow the company, the value of the company will increase and so will their fractional shares.
In 2017, the company became independent from the investment company, and at that time, they were appointed to the board of directors and their shares were divided equally.
It is a true 'EBO = Employees become the Owner' and it is not a golden parachute for the parent company or the former directors.
Who owns the company?
It is only natural to ask who owns the company, since it is the employees who have grown the company.


3. Finally, human resource development
The company and its employees must mutually "share a common understanding" and "foster trust.
First, the five emotional abilities, such as aggressiveness and a sense of logic.
Five items of business execution skills such as product knowledge, persuasiveness, etc.
In total, we used a 10-item evaluation sheet as a means of evaluation.
Employees were asked to speak up about their self-evaluations, contributions they made, and areas for improvement at the company, and management provided a place to listen and evaluate the results at a board meeting.
A routine was created to provide specific weekly feedback on contributions made and areas for improvement.
In light of the results, the company notified the employees of their bonuses for the current fiscal year and their compensation for the next fiscal year during the March accounting period.

As this process is repeated over the years, the gap between the company's expectations and those of the employees is filled, and trust is fostered.
The company is only the foundation and must be 'humble.

I think these three points are the most important for management, common to any company.

I spoke with Mr. Tanaka about his work and human resources, and was so impressed by his passion for management.
I am glad to hear his precious story.
渋谷のんべえ横丁物語
 もし幸運にも、自分に適したお誂え向きのお店に出逢えたなら。当分は、見知らぬバーを物色して街をさまようこともない。心安らかなアフターファイブの時間が約束されたも同然だ。
 東京、渋谷の大通りから少し入った、赤い提燈が灯る、のんべえ横丁。およそ40件が軒を連ね、昔ながらの佇まいを残すこの一角。彼女のバー、酒処えのきは、そんな風情ある横丁に、のれんを構えている。 続きはこちらから


渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき
・営業時間:
本店は、月曜日~土曜日
16:00〜22:30
(第3土曜日は休み)
Ⅱ号店は、火曜日~土曜日
17:30〜23:00
・休日:月曜、日曜、祝祭日
(所在地)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-25-9 渋谷村のんべえ横丁内
電話:03-3407-5320

えのきお勧めドリンクコーナー


えのきのお客様
えのきのお客様は、楽しくて素敵な方ばかり。家族のような大事なパートナーでいたいから、いつもおいしい料理を用意して待っています!
えのきのお客様過去のページはこちら