[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


  • 5月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 28
  • 30
  • 31


  • 6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


定休日:日・祝祭日

本店・Ⅱ号店は、5/31(月)までお休み致します。
*今後も東京都の方針に従います。

■えのきチャンネルです!皆様、ご覧下さい☆閲覧はこちら!

在宅、テレワークの方も多いと思いますが、
ストレスも溜まると思いますので、息抜きにえのきにご来店下さい。
皆様のご来店を心からお待ちしております。


恵比寿にあるサッポロビール株式会社のミュージアムに行ってきました。えのきでは35年愛しているサッポロビールの見学(現在は、30分だけの見学が可能です。


本店は35周年を迎えました♪ Ⅱ号店は6年目に入りました。

えのきオリジナル

  • ヤマイモステーキ
  • レンコンチーズ焼き

<こだわりの3品レシピ!!>
約34年間、大人気のえのきオリジナルの”ヤマイモステーキ””レンコンチーズ焼”!
えのき本店・Ⅱ号店でご賞味下さい!

えのきお客様と店内風景

6~8人までok!お電話にてのご予約をお待ちしております。

えのき

☆えのき提供のワインと
世界のお勧めワインを紹介中!
詳細はこちら!

>> How to enjoy ENOKI, the Japanese style "Drunkars Alley".


えのき日替わりメニュー
日替わりメニューはサラダ・煮物・魚料理等「和洋中」準備しております。
日替わりメニューの食材はこちら


  • ロールキャベツ
  • アスパラと筍の豚肉巻き
  • 淡路島産の生玉ねぎと海老しんじょのあんかけ
  • わかさぎの南蛮漬け
  • きのこと揚げ出し煮込み
  • アスパラとチーズの春巻き揚げ
  • 海老と野菜の南蛮漬け
  • 牛すじ、きのこ類と栗の煮込み
  • クジラステーキ
  • 大根と肉豆腐
  • イカとしじみのぬた
  • こいものあんかけ
  • イワシのコロッケ
  • カキフライ


チズルママの日記
母の強さ | Mother's strength
5月母の日...
ある夫人の体験談
終戦間近か夫は1年前「ビルマ」で戦死 !!
田舎の工業地帯もひんぱんにアメリカ軍の空襲を受ける。
町の教会にはアメリカ兵の捕虜が収容されている。
兵士達は、防空壕を掘る作業をされていて、その内の一人が、喉が渇き
耐え兼ねて井戸の水をくみ上げ口にしょうとした時、
通りかかりの主婦が、つるぎをもぎ取り水を巻き捨てた。
「お前たちに飲ます水は一滴もないよー」
彼女がその光景を見て、私の夫もこうして一滴の水を求めて異国の地で死んだのではないか....
そう思うと彼女からアメリカ兵への敵対心は消えた。
急いで水を汲み上げて立ち去ろうとする兵士の為に道端の草むらにつるべをそっと置いた。
兵士は喉を鳴らして飲んだ。その後一人又一人と来て水を飲んで行った。
いつしか水くみは彼女の日記となるが、その行為に増悪の目を向ける日本人もいた。
彼女は心から思った!!
"どこの国の兵士も故国には家族があり、暖かい団らんの家庭がある...
だれが喜んで戦争などするものか、悪いのは戦争であり民衆を巻き込むのが指導者である。
終戦になると、立場は一変した。
集配に行く彼女に兵士らがお礼のチョコレートを差し出したが、家で待つ娘を思うと
喉から手が出るほど欲しかったが、もらってはならないと道を急ぐ
---私はそんな事を望んでした事では無いし、敗戦国といってもプライドがあった---
その後彼女は娘を立派に育て上げる........

現在も多くの友人が各国に嫁いでいる。
体験談の彼女と言い、友人達の苦労は大変な事だとおもいながらも
芯の強さと心の気高さがうかがえる。女性はやはり、そうした意味での
"自立"の強さを持つべきである。


Mother's Day is coming in May.
I heard the story of a lady who survived World War II.

The lady's husband died in Burma during World War II.
After his died, near the end of the war in 1945, Japanese industrial area was frequently hit by US military air raids.
The war was prolonged, and American prisoners of war were housed in the church in the town.
POW American soldiers were forced to dig an air raid shelter.
When one of the Americans tried to pump up the water from the well and drink it because he was thirsty, the passerby did not let him pump the water.
The person shouted, "We don't have a drop of water to drink to you!"

When she saw the scene, she was saddened, "Maybe my husband died in a foreign land where he couldn't understand the language without drinking a drop of water."
She has lost her hatred of American soldiers, who are trapped in a foreign land, albeit an enemy.
For an American soldier rushing away, she gently placed a well vat in the grass on the side of the road to pump water.
The soldiers hurriedly pumped and drank water.

Lending a well vat became her daily routine.
However, some Japanese expressed anger and hatred to her for her actions against the prisoners of war of American soldiers.
She thought from her heart strongly!!
"Every soldier from every country has a family in their homeland! Who is willing to head to the battlefield!"
The bad things are the war itself and the leaders involved in the people.

At the end of the war, her position changed completely.
American soldiers offered her a thank-you chocolate to her as she went to pick up what she needed.
She wanted chocolate if she was thinking of her daughter waited at home, but she thought she shouldn't get it.
--- I just shared the water with you, I didn't do it for any reward, and I had pride even though I was a defeated country ---
After that, she raised her daughter well.

Many of my friends are married to people from different countries now.
I suppose the hardships of her friends are tough such as the above story, but every friend has strength and nobility.
Women should have the strength of "independence".
渋谷のんべえ横丁物語
 もし幸運にも、自分に適したお誂え向きのお店に出逢えたなら。当分は、見知らぬバーを物色して街をさまようこともない。心安らかなアフターファイブの時間が約束されたも同然だ。
 東京、渋谷の大通りから少し入った、赤い提燈が灯る、のんべえ横丁。およそ40件が軒を連ね、昔ながらの佇まいを残すこの一角。彼女のバー、酒処えのきは、そんな風情ある横丁に、のれんを構えている。 続きはこちらから


渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき
・営業時間:
本店は、月曜日~土曜日
16:00〜22:30
(第3土曜日は休み)
Ⅱ号店は、月曜日~土曜日
17:30〜23:00
・休日:日曜、祝際日
・お支払は現金のみ (カード不可)
(所在地)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-25-9 渋谷村のんべえ横丁内
電話:03-3407-5320

えのきお勧めドリンクコーナー

えのきのお客様
えのきのお客様は、楽しくて素敵な方ばかり。家族のような大事なパートナーでいたいから、いつもおいしい料理を用意して待っています!
えのきのお客様過去のページはこちら