[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 2月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29


  • 3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


  • 4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


定休日:日・祝祭日

ホームラテンジャズで、えのきの空気を聴く。
becca stevens band

ホセ・ジェイムズ新作にもゲスト・デュオとして迎えられた“ニューヨーク最良の秘宝"が、最新作で遂に国内盤デビュー。
*amazon参照

charles lloyd quartet
貴重な放送音源等を発掘し、オリジナルテープから高品質なリマスタリングで復刻するTCBの「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」。第46巻は、正規盤初出音源となるチャールズ・ロイド・クァルテットの貴重なスイス・ライヴが登場!
*HMV参照
my way frank sinatra

Francis Albert Sinatraことフランク・シナトラほど、21世紀のアメリカ音楽界全体から見ても重要な歌手はそう多くは存在しないだろう。先輩Bing Crosbyが持つ、独特の“余裕”、Fred Astairの“粋”、そして、シナトラ自身が付け加えた、Harry James楽団で鍛えられた、例えようのない“スイング感”、そして、歌手として何より素晴らしく、縦横無尽のスキャットヴォーカルを駆使する正統派ジャズ歌手たちをも凌駕する、“メロディをほとんど崩さずに歌いながら原曲以上の情感を醸し出す”表現力こそはシナトラをポピュラー音楽の頂点に押し上げた原動力だった。
*HMV参照