[酒処えのき]渋谷のんべえ横丁  東京、渋谷で美味しいお酒とワイン。
  • 渋谷のんべえ横丁 酒処 えのき チズル日記 livedoor Blog
  • お客様の情報
  • 6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30


  • 7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


  • 8月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31


定休日:日・祝祭日

ホーム渋谷のんべえ横町〔酒処えのき〕物語 はじめに
えのきは、今年20周年を迎えた。
その間、世界中からいろいろなお客さんが、えのきを訪れたが、
特に各物語を寄稿された方々は、えのきについてそれぞれの熱い想いを
独自の世界で表現している。

寄稿者の多くは、ジャーナリストが多いせいか、
世界中のいろいろな街、横町を訪れているのだが、
ここ渋谷のんべえ横町〔酒処えのき〕は、特別な存在だと誰もが言う。
必ず、東京を訪れると、何年が過ぎようと昨日のように実に気さくにえのきに帰ってくる。
本当に世界中にママのファミリーがいるようである。

彼らにとっては、東京の見知らぬバーを物色して街をさまようこともなく、
心安らかなアフターファイブの時間が約束されているこのえのきは、二番目の故郷である。
外国人であろうと一人の人間として接する姿勢は実に素晴らしい。

人の心を大切にし、いつも笑顔で接し、
真剣にいろいろな人の話にアドバイスをしている土井チズルママの存在は、
世界中のお客さんだけに係わらず、今の日本人が忘れかけている
大切なものを思い起こさせてくれる素敵なメンターであり、
優秀な経営者でもあり、世界のチズルママである。 (ファン代表)

| 続き(物語その1)>>


Shibuya Nombeiyokocho“Drunkards Alley” Story
It was the end of World War II and Japan started to rebuild. One of the buildings that first sprang up was one of these bars.  

Then another was built along side the first and another and soon there were forty little tea houses lined up in two rows.

Times change and now beer, sake, wine and snacks are the only treats offered. A few of the tiny bars are still operated by their original operators. Most bars have changed hands many times.

There is usually enough room in each bar for the operator, "Mama-san," to stand behind her counter, serve food and drinks and banter with the six or so customers that have stopped in for a drink before going home. Because the bars usually seat about six only the Mamas have regular customers and will not easily accept customers that they don't know or are not escorted by a known customer, but don't let that discourage you. If you're in Tokyo visit Enoki and you with your good friends can stop in and talk nice to Chizuru-mama at Enoki with smile who will talk back nice to you.